2009-08-06

Google Mapplets APIをテストする

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Google Mappletsというのは、自分のサイトの中にGoogle Mapの機能を持ってくるのとは逆に自分の作ったものをGoogle Mapに取り込んでもらうものです。
実際に利用するには、Mapplets用のjavaスクリプト入りのXMLを用意して、それをgoogleさんに読み込んでもらうことになります。
Googleさんに読み込んでもらうにはどっかに置いとかないといけないわけですが、動くかどうかわからないものを置くのも心苦しいわけです。
なのでまずはテストが必要なわけですが、そこは流石Googleさんなのでちゃんとスクリプトをテストする環境が用意されているわけです。
http://maps.google.co.jp/gadgets/directory?synd=mpl&hl=ja&backlink=http%3A%2F%2Fmaps.google.co.jp%2Fmaps%2Fmm%3Fie%3DUTF8%26hl%3Dja%26ll%3D35.689517%2C139.785946%26spn%3D0.307284%2C0.55481%26z%3D11&cat=devtools
にある
Mapplet Scratch Pad
というmappletをgoogleマップに追加して
Googleマップのマイマップを開くと
Mapplet Scratch Pad
が利用できるようになって、ここで自分書いたmappletのコードを試すことが出来るようになるわけです。
Mapplet Scratch Padは、
http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/mapplets/guide.html#Important_Developer_Tools
にも重要ですよん。
と書いてあるのでMappletをいじる際には必ず利用した方がよいようです。
コメントを投稿