2010-06-06

JapaninoのPOV用データをテキストから作る

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Japaninoとは、大人の科学vol.27のおまけのArduino互換8bitマイコンです。



大人の科学vo.27ではPOVと言われる光残像で文字を書くキットが付属しています。
なかなか楽しげなのですが、ちょっと面倒なのが文字データを作ることです。
なのでテキストからこのJapaninoのPOV用データを作成するものをつくってみました。

Txt2Pov

使い方は、
テキストボックス(ABC)と書いてあるところに好きな文字(10文字まで)を入れてデータ作成のボタンを押します。
すると作成されたPOVデータイメージが表示されます。
あわせてテキストエリアにPOV用データが表示されます。

POV用データイメージはクリックすると反転して微調整できます。
テキストエリアのデータをコピーしてJapaninoのPOVサンプルデータのデータ部分を書き換えればOKです。

やっていることはActionScriptで、
・テキストを画像に変換
・変換された画像をピクセル単位で解析
をしてデータを作成してます。
抜粋版のソースを、
http://wonderfl.net/c/aBqZ
に置いておきました。

Txt2Povは、Japanino用のデータになっていますのが、http://wonderfl.net/c/aBqZを書き換えれば他のデータ形式のものを作成できると思います。

本当は、サーバー側にテキストデータを投げれば、POVデータが帰ってくる感じのWebサービスをGoogle App Engine上で創ってみようと思ったのですが、Google App Engineに用意されている画像操作系の機能ではちょっとできそうもない感じでした。
自前でサーバを持っていればPHPとかで比較的容易に実装できそうな感じではあります。

次は、HTML5でいろいろできる感じだと思ったので、Javascriptで実装しようと思ったのですが、
画像操作系のやり方がいまいちわからず挫折。
というわけでflashでやってみました。
コメントを投稿