2017-04-04

LINE BOT APIを使っていたものをLINE Messaging APIに書き直す

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
すごく今更ですが、以前LINE BOT APIを使ってみたものを、LINE Messaging APIに直したものを紹介します。

ちなみにLINE Messaging APIを始めるには、以下が参考になりました。
http://milk0824.hatenadiary.jp/entry/2016/10/01/211555

まずは、
LINE BOT APIのcallbackにAWS Lambdaを使ってみる
を直したのは、以下のような感じです。

お次は、rubyで書いたものです。
ruby2.0以上ならば、line-bot-apiというgemがあり、こっちを使うと、もうちょっと楽にかけそうなのですが、以下はruby1.9でも動くことを前提としているのでline-bot-apiは使っていません。

rubyで書いたものの最初の、
LINE BOT APIを利用して電車遅延情報の送信を改良した
を直したのは、以下のような感じです。

そして、
LINE BOT APIを利用してGoogle Calendarの情報を通知する
を直したのは、以下のような感じです。
ちなみにキャンセルされた予定の処理を追加しています。

最後に、
LINE BOT APIを利用して雨が降りそうな時は通知するようにしてみる
を直したのは、以下のような感じです。
コメントを投稿