2017-12-28

raspberry pi zero wとダイソーのリモートシャッターとrubyで遊ぶ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
raspberry pi zero wを買ったのは、bluetooth機器とつないで、ちょっと遊んでみたいなぁと思っていたことも一つの理由だったりします。

お手軽に遊ぶ材料として、ダイソーで売っているリモートシャッターがよさげかと思ってみました。以下と同じもののようです。



これを利用した例を以下のサイトを紹介していたので、参考にさせてもらいました。
https://qiita.com/vimyum/items/8b7548ca8cf45383c5b0

こちらでは、bluebuttonというツールを利用しているのですが、ソースは以下にあります。
https://github.com/kinnalru/bluebutton

こちらのソースを見て、ちょっと遊んでみました。
こちらでは、二つのボタンを特に区別してなくて、押したことと長押しを検出していたので、ボタンを識別できるよう改造してみました。

上のIOSボタンは、押すとVolumeUpが送られてきているようです。
下のandoridボタンは、押すとEnterが来て、さらにVolumeUpが送られてきてるようです。

これで識別できそうなので、改造したのは以下のものになります。
rootで実行する必要があります。
これは、二つのボタンとそれぞれの長押しを検出して、さらにLINEに特定のメッセージを送るようにしてみました。


とりあえずIoTな気分を感じてみました。


コメントを投稿