2009-06-20

真空保温調理器 シャトルシェフ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


余熱で調理しちゃうのです。
じっくりコトコトと同じことが出来る感じなのです。
鍋をバスタオルとかでくるんでも同じことができるのですが、
ぐるぐる巻いたりするのがちょっと面倒だし、巻いたもの鍋が安定しないしのです。
こういう専用の調理器具をあるのを知らなかったので、ちょっとキニナルのです。

ポトフとかおでんならば、朝にざっと食材と調味料をざっと仕込んで一回沸騰させてそのままこれに入れれば夜にはいい感じのものができそうな気がして、料理の手間も省ける予感。

こんな本もあるので、結構いろんなものが作れるのかもしれないです。
コメントを投稿