2011-11-01

BARCOTTERの説明

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
バーコードを商品名に変換して、お手軽にtwitterやevernoteに共有できるアプリBARCOTTERの説明です。

以下はBARCOTTERを起動すると以下の画面になります。

基本的な動作は、バーコードの値を入力または読取して共有を実行します。

それぞれの説明です。


①JANコードまたはISBNの値を入力します。共有を実行すると変換された商品名などが表示されます。JANコードと認識できない数値を入力すると共有の歳にエラーになります。JANコード以外に普通に文字を入力すると何も変換せずにその文字の共有を行います。

②共有を実行する際に変換した商品名の前に追加する文字列を指定します。一例としてその商品の評価などを入力するのもよいと思います。起動時には前回利用した値がセットされます。

③今まで利用した②で記載した内容を多い順に10件表示します。


④共有を実行する際に変換した商品名の後に追加する文字列を指定します。一例としてハッシュタグなどを入力するのもよいと思います。起動時には前回利用した値がセットされます。

⑤今まで利用した④で記載した内容を多い順に10件表示します。

QRコードスキャナーがインストールされていると利用可能になります。①でJANコードを入力する代わりにカメラでバーコードを入力することができます。読取を実行するとデフォルトでは自動的に共有を実行します。

⑦ バーコード記入後に押すと商品名の変換を行い他のインストールされているtwitterクライアントやEvernoteなどのアプリにデータを渡します。共有を行うメッセージは「②のメッセージ + ①から変換された商品名など + ④のメッセージ」になります。

⑧①に入力されている内容を消去します。


twitterクライアントに共有を実行すると以下のようになります。
この例では、バーコードから「1Q84 BOOK 1」に変換を行い、商品名の前に「★5」を追加して、商品名の後に「#読んだ」を追加しています。



メニューボタンを押すと以下のように設定メニューが表示されます。

設定画面では、以下の項目が設定可能です。

URLを追加:バーコードから商品名に変換した際にAmazonへのURLをあわせて追加します。ここのチェックをはずすと商品名だけが追加されます。

読取後すぐ共有:QRコードスキャナーでバーコードの読取を実行したら、自動的に共有を実行します。チェックをはずすと読取後に自分で共有を実行する必要があります。

前にテキストを追加:共有の際にバーコードから変換した商品名などの前にテキストを追加して共有を行います。チェックをはずすと入力欄自体表示されなくなります。

後にテキストを追加:共有の際にバーコードから変換した商品名などの後にテキストを追加して共有を行います。チェックをはずすと入力欄自体表示されなくなります。

AmazonアソシエイトID:AmazonへのURLにここで指定したAmazonアソシエイトIDを設定することができます。



以下のように前にテキストを追加、後にテキストテキストを追加のチェックをはずすと入力欄自体表示されなくなります。



twitterを利用している方は、
後にテキストを追加する際にハッシュタグを利用して、さらに
twilog
をあわせて利用するとtwitterで読書録をお手軽に作成できます。

以下は読書録の例です。
http://twilog.org/vivahiraj/hashtags-%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A0
コメントを投稿