2012-12-27

状態監視ツールmuninのインストール手順

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
SoftwareDesignでlinuxの状態監視ツールのmuninを紹介していて興味を持ってみたのです。


この本で紹介されている手順では、最新版ではズーム機能がうまく動きませんでした。

環境は、CentOS6にmunin2.0.8を入れることを前提とします。

また10.10.10.20のマシンの状態を10.10.10.10で監視するとします。

以下が手順です。


[監視される側(10.10.10.20)]
yum --enablerepo=epel install munin-node

vi /etc/munin/munin-node.conf
以下を環境にあわせて登録
host_nameに監視される側のホスト名を
allowに監視する側のIPアドレスを書きます。
---------------------------
host_name munin.sample.jp
allow ^10\.10\.10\.10$
---------------------------

chkconfig munin-node on

service munin-node start

vi /etc/httpd/conf.d/status.conf
-----------------------------------
<IfModule mod_status.c>
ExtendedStatus On
<Location /server-status>
SetHandler server-status
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
</Location>
</IfModule>
-----------------------------------

service httpd configtest
service httpd graceful

ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses /etc/munin/plugins/
ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_processes /etc/munin/plugins/
ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_volume /etc/munin/plugins/

service munin-node restart





[監視する側(10.10.10.10)]
yum --enablerepo=epel install munin
yum --enablerepo=epel install munin-cgi

vi /etc/munin/munin.conf
以下の変更を行う
[munin.sample.jp]
は監視される側の情報です。addressにIPアドレスを記載します。
------------------------------------
cgiurl_graph /cgi-bin/munin-cgi-graph

[munin.sample.jp]
address 10.10.10.20
use_node_name yes
------------------------------------

#以下はいらないかもしれないです。
chown -R munin.apache /var/log/munin
chmod 775 /var/log/munin
chown -R munin.apache /var/www/html/munin
chmod -R 775 /var/www/html/munin
mkdir /var/lib/munin/cgi-tmp
chown munin.apache /var/lib/munin/cgi-tmp
chmod 775 /var/lib/munin/cgi-tmp
mkdir /var/lib/munin/spool
chown munin.munin /var/lib/munin/spool
chmod 755 /var/lib/munin



これでOKです。お手軽です。便利です。
コメントを投稿