2012-12-11

windowsでrubyプログラムを配布するにはocraが便利

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
rubyでちょろちょろっとプログラムを書いたから活用してもらいたいなぁとか思ったときです。

rubyを使っている人ならいいのですが、プログラマーでない人にくばるとなるとwindows環境でruby実行環境があることは期待できません。

そんなときはocraが便利です。
rubyスクリプトとruby実行環境をまとめてexeファイルにしてくれます。
gem install ocra
でインストールできます。

exeを作るのも
ocra aaa.rb
みたいにexe化したいスクリプトをわたせばexeファイルを生成してくれます。
以下が参考になります。
http://myruby.seesaa.net/article/124126159.html

他にもexerbもあるのですが、1.9ではocraがよいようです。
以下が参考になります。
http://aoitaku.xrea.jp/logue/2012/04/12/to_distribute_ruby_application/

exe化するときは若干気をつけたほうがよいことがあります。
ocraは実行時にどこかにファイルを展開して実行しています。

なので配布したexeファイルと同じフォルダに設定ファイルを読み込ませるみたいな動きはうまく動きません。
なので設定ファイルの変わりに実行時の引数と渡すようにしてbat側に設定を入れておいてbatの中で引数つきで実行させるとよいです。

またexeファイルと同じフォルダにログでも出力しようかなぁと思ったときも、同じフォルダに出力されずに思わぬところに出力されます。
なのでファイル出力の変わりに標準出力に出力してbat側でファイルに保存させればよい感じです。



コメントを投稿