2009-05-30

Google App Engineの一つのアプリケーションでいろいろ実験する

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Google App Engineは、無料で使えるのは10個のアプリケーションなわけです。
ある実験サイトを作ろうと思ったときに、localだけでは実験しきれないことがどうしてもあります。
たとえば、iアプリとかと連携したサイトで実際に端末にダウンロードして実験したいときなどはデプロイするしかありません。

でも、あくまでも実験なので実験のたびに貴重なアプリケーションを浪費するわけにはいかないなぁと思っていたのです。

実験用のものを一つ用意して、その一つを使い回せばいいのですが、上書きすると消えちゃうので、それはそれで困ることもあるかも。と思っていたのです。

ですが、残しておきたければversionを変えておけばよいだけということを
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/gaej01/gaej01_4.html#08
を見て今更ながらわかってみました。

アクセスできるのは、デフォルト設定されたversionのものだけのようですが、どうせ実験なので実験するときだけversionを変えればよいわけですね。

最近Google App Engineにはjavaも追加されたわけですが、一つのアプリケーションにversionを変えてjavaとpythonは共存できるようです。

なので今更ながら、実験用に一つアプリケーションを増やしてみました。
コメントを投稿