2011-07-18

WebからWake On LANするツールwakeme(ワケメ)を公開してみました

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
とりあえずはじめてのソース公開(たいしたものではないですが・・・)です。
なのでgithubに登録をしてみました。

windows環境でTortoiseGitを使う場合、以下が非常に参考になりました。
http://jutememo.blogspot.com/2010/07/windows-github-msysgit-tortoisegit.html

msysgitでssh-keyを作成してgithubに登録した後にTortoiseGitでいろいろやろうとして
git pushするときにうまくいかなかったのですが、
TortoiseGitの設定ダイアログを開き、「Network」の「SSH client」にmsysgit付属のssh.exeを指定する。
を見て利用できるようになりました。

で公開したものはWebからWake On LANのマジックパケットを送るツールであるwakeme(ワケメ)です。
https://github.com/vivahiraj/wakeme







webサーバと同一セグメントにあるPCに対してマジックパケットを送ります。
PCがマジックパケットで起動する設定になっていれば起動するはずです。

別のセグメントのPCには、ルータで別セグメントにブロードキャストするようにしてしまえば(やらない方がよいとは思いますが)、試していませんが起動するかもしれません。

利用するにはWebサーバ側でBASIC認証などの認証を行いREMOTE_USERが環境変数に設定されるようになる必要があります。REMOTE_USERで渡された値がデータベースのusersに登録してあると利用が可能になります。

ログインに成功すると起動するPCの管理と起動、起動確認のPING送信を行うことができます。

/adminで管理者画面になり、ユーザの登録が可能です。

基本的に起動できるのは同一セグメントだけなので、あまり使えないかもしれませんが、この夏の節電のお供に少しでも役に立つことがあるとうれしいです。

Ruby 1.8.7,Rails 2.3.11の環境で作成しています。






コメントを投稿